緑のブログ

透かし剪定(常緑樹)

梅雨頃のはなしです。

夏本番前、常緑樹剪定のお仕事をいくつか

いただきました。

常緑樹の葉は、一年~三年で交換されるため、

落葉樹と違って、一年で一新するわけではありません。

 

そのため、一度に葉っぱを50%以上失うと、

樹木の生命力は、ガク~ンと下方向に衰退してしまいます。

そうならないため、暑い夏を無事に過ごせるように

剪定を行う場合は、透かし剪定で、樹冠を壊さずに

密度をすく程度にとどめておきます。

剪定前 ↑

剪定後 ↑

 

剪定前 ↑

 

 

剪定中 ↑

 

 

剪定後 ↑

 

 

このように、

一年~三年にすこしづつ葉を交換する

樹木の場合は、一気に強い剪定をするのではなく

自然を模倣した自然樹形での透かし剪定をおこなうと

樹木も樹勢が衰退することも少ないようです。

樹木はまだまだわからないことばかりです。

自然から学ぶことはまだまだ沢山ありそうです。

いつもありがとうございます。

専門スタッフが
無料でご相談に
お答えいたします!
まずは簡単お見積り

お急ぎの方はお電話で!

0120-545-899
【受付時間】8:30~19:00